てんかんに気をつけたい高齢者たち

てんかんは脳の病で、年齢や性別に関係なく発症します。高齢者でのてんかんは合併症を引き起こすことがあるので大変危険です。てんかんを予防するためにもきちんとお薬を服用して治療しましょう。

高齢者のてんかん発作の種類

高齢者のてんかんにはいくつかの特徴があります。まず一つに症候性のてんかんが多いということです。症候性というのは、脳の病気などの基礎的な問題が先にあり、それに伴っててんかん発作を起こすというものです。これは単に脳が傷ついたという場合もありますし、脳梗塞や脳出血の後遺症としててんかん発作が起こることもあります。また交通事故の後遺症や頭部打撲の後遺症という場合もあります。また若いころに一度てんかんを患って、治療をして発作を起こさなくなったけれど、高齢になり再びてんかんを起こすようになったという場合もあります。高齢者の場合は、複雑部分発作といい、発作中は意識をなくしていることが多いです。そのために自分では気が付かず周りの家族などによって指摘されることが多いです。ただ高齢者の場合は、非けいれん性といって、身体ががくがくしたりせずにただ意識をなくしているだけのこともあるので、わかりにくい場合があるのです。一度起こした発作は再発をすることも少なくないので、早い段階での治療が大切です。また高齢者の数はだんだん増えていますね。そのために高齢者のてんかんの数も少しずつ増加傾向にあると言います。また高齢者というと認知症患者も多いですが、けいれんがなく、ボーっとしているというようなてんかんの場合、認知症と間違われることも少なくないのです。また自覚もないので、早期発見が遅れがちになってしまうのですね。高齢者の治療の場合は、薬も慎重に進めていく必要があります。なぜなら薬が効きすぎて、普段の生活に支障が出てしまうという可能性もあるからです。医師は少量の薬から始めて発作が出ない量まで、慎重にコントロールを続けていくでしょう。